紅葉の大杉谷!(三重県側登山口~粟谷小屋往復)|個人山行ブログ|山行ブログ|湖南岳友会のホームページ

紅葉の大杉谷!(三重県側登山口~粟谷小屋往復)

個人山行ブログ
三重県にある大杉谷。「近畿の秘境」とも呼ばれ、富山の「黒部渓谷」、新潟の「清津峡」と共に日本の三大渓谷になっています。今回快晴のなか、紅葉を求めて大杉谷に行ってきました。
<日時、コーススケジュール>
◆1日目;11月2日(金)快晴午後から薄曇(前日夜 登山口駐車場でテント泊)
 登山口(7:15発)→千尋滝(9:15~9:25)→シシ淵(10:00~10:15)→桃ノ木山の屋(11:35~12:00 昼食)→七ツ釜滝(12:25~12:40)→光滝(13:27~13:40)→堂倉滝(14:30~14:45)→粟屋小屋(16:00着)

◆2日目;11月3日(土曜日)快晴
 粟屋小屋(7:20発)→堂倉滝(8:35~9:25)→光滝(10:23~10:50)→七ツ釜滝(11:45~12:15 昼食)→桃ノ木山の家
(12:45~12:53)→シシ淵(14:06~14:20)→千尋滝(15:15~15:20)→登山口(17:00着)
 
 ※各観光スッポトでは写真撮影のため多めの休憩時間を取った。

<参加人数> 4名

<YAMAPデータ>
◆活動距離;30.2km
◆歩数;59,000歩(1日目;28,000歩、2日目;31,000歩)
◆高低差;888m
◆累積標高;1日目 1,770m/2日目 1,832m

<大杉渓谷 登山マップ>
1マップ.jpg
大杉登山口 いざ出発!
2 大杉谷-01 大杉谷登山口 いざ、出発.jpg
紅葉した宮川河原と「千尋滝」(落差180m)
181103 大杉谷-64 河原にて.jpg  181103 大杉谷-62 千尋の滝:落差約180m.jpg
絶景ポイントの一つである「シシ淵」、撮影時間をたっぷり取ります。
IMG_6897.jpg
IMG_6899.jpg 
IMG_6884.jpg
ここで記念写真、あまりの絶景で撮影に夢中!
 181103 大杉谷-60 シシ淵.jpg  181102 大杉谷-09 シシ淵にて.jpg
渓谷のエメラルドグリーンが素晴らしい
 IMG_6934.jpg
吊り橋で(高いです)
IMG_6930.jpg
桃ノ木山の家(ここでは泊りません。。。泣)
IMG_6938.jpg 
近くの紅葉(少し遅れてます)
IMG_6954.jpg
「七ツ釜滝」;日本の滝百選にも選ばれており、段爆150mの名瀑として有名。
181103 大杉谷-41 七ツ釜滝.jpg
三人シンクロでハイ ポーズ!
IMG_7152.jpg
途中の鎖場! このような断崖・絶壁を幾つも通ります。
しかし頑強な鎖がついて安全に通行できます。
頭が岩にぶつかるためヘルメットは必要です。
181102 大杉谷-30 整備された鎖場.jpg
181103 大杉谷-32 いくつもの鎖場を行く.jpg 
181102 大杉谷-33 鎖場の急登がつづく.jpg
181103 大杉谷-36 いくつもの鎖場を行く.jpg
 181103 大杉谷-49 岩場を軽快に進む.jpg
河原から大岩を登ります(汗・・・)
181102 大杉谷-32 大岩を登る.jpg
光滝(落差 40m)
IMG_7122.jpg
光滝を過ぎてから紅葉が一段と綺麗に!(赤、黄、緑)
IMG_7117.jpg
渓流と紅葉!
IMG_7100.jpg
真赤な紅葉???と滝                       
IMG_7009.jpg
輝くヒメシャラの紅葉
 IMG_6985.jpg
吊り橋上での笑みが素晴らしい!
IMG_7097.jpg
大杉谷7つ目の最後の滝である「堂倉滝」
IMG_7060.jpg
水面に浮かぶ落ち葉、秋を感じます。
IMG_7073.jpg
堂倉滝から望む紅葉。           
181103 大杉谷-19 堂倉滝岳から望む紅葉.jpg 
堂倉滝と吊り橋。
IMG_7021.jpg
堂倉滝を過ぎると尾根急登が続きます。
181102 大杉谷-41 堂倉滝を過ぎると尾根急登.jpg
長い急登の後、ようやく「粟田小屋」に到着です。
今日はここで宿泊です。立派なヒノキ風呂で汗を流し、旨い料理を頂き
フカフカな布団で寝ます。(おやすみなさい)
明日はここから登山口に戻ります。
181103 大杉谷-01 7時20分 昨夜大盛り上がりした粟谷小屋を出発  .jpg

今までから行きたかった「大杉谷」! やっと行くことができました。
それも快晴のなか、渓谷美、紅葉を満喫することができました。    
昨年行った富山の「下ノ廊下」と比較すると、渓谷の高低差が少ないが
近場であること、鎖などの安全対策がしっかりしていること、滝の眺望
が素晴らしい等、「大杉谷」はお勧めです。
今度は新緑の頃にもう一度、チャレンジしたいと思っています。

一緒に行って頂いた皆さんに感謝です、ありがとうございました。

                           よしくん。
 

この記事へのコメント

≫ kayo | 2018年11月06日17時44分
行ってみたかった、大杉峡谷!
やっと行くことができました。それも紅葉真っ盛りのこの時期、天気にも恵まれ!! 沢山の滝に癒され!!
粟谷小屋での温泉、食事、癒しの時間は最高でした。
また新緑の時期に訪れたい大杉谷です。
≫ もりもりJP | 2018年11月06日20時48分
転落した紅葉の大杉谷にリベンジが果たせました。
昨年、大杉谷登山口から僅か1時間の所で転落し、そのまま撤退と悔しい思いをしました。
帰宅して「必ずリベンジを」と思いつつ、メンバーと天候にも恵まれリベンジが果たせました。メンバーに感謝です。今回、転落場所を通過するまで緊張していましたが、通過してしまうと渓谷と滝の素晴らしさと楽しさで事故のことは忘れ、帰りはその場所に気付かず、これで吹っ切れました。
次回は、新緑を求め行きたい大杉谷です。
≫ よしくん | 2018年11月08日07時41分
→kayoさん
コメントありがとう。かなりハードな道のりでしたね、是非新緑の時期にご一緒しましょう。
≫ よしくん | 2018年11月08日07時50分
→もりもりJPさん
コメントありがとう。また、たくさんの写真、ありがとうございました。
次回は素晴らしい新緑の写真を撮りにいきましょう。ご一緒させてください。

コメントする